いまさら聞けない?パソコンのいろは

パソコンが壊れたかも! 慌てずに確認を

パソコンの電源を入れて起動しようとしたが画面が現れずに壊れたかも!と慌てるのは良くある事です。
まずは電源LEDやHDDLEDが点灯、点滅しているか確認しましょう。点いていないならば電源が入っていない可能性があります。
もしLEDが点かない場合は本体に耳を傾けて内部のファンが回り風切り音がする事を確認して下さい。これで電源が入っているかどうかが分かります。意外と盲点なのが電源がON/OFF出来るタイプのテーブルタップや差し込んでねじるタイプを経由して接続している場合です。
電源を入れても大元が切られていては意味がありませんし、ねじるタイプは経年劣化で緩くなり接触不良が起こり易くなります。
そして点いているならモニタの電源が付いている事を確認しましょう、本体が動いていてモニタが通電していないとパソコンの画面は写らないのです。

パソコンが起動しない! 音が鳴ったり画面に表示されていませんか

さて通電はしている、画面も点くのにOSが起動しない方は少し厄介です。この場合ハードウェア・ソフトウェアどちらかが原因で動作しないのです。パソコンの起動は電源ON→メーカーロゴ→黒い画面→Windowsロゴの順に動作します。この中でどこで止まるかで原因が特定できます。
1.メーカーロゴが出ない→ハードウェア故障です、ビープ音が鳴っていませんか。
音の判別方法は断続的に鳴る場合はCPUやマザーボード、長い音が鳴る場合はメモリ故障か挿し方が不十分、長い音の後に断続的に鳴る場合はVGAカードが故障か挿し方が不十分の場合です。
2.エラーメッセージが出ている→英語のエラーメッセージが出る場合はハードかOSが重大エラーとなった場合です。エラーコードが表示されますのでそこからヒントになるかもしれません。
3.黒い画面でカーソルチカチカ→起動の為のブートセクタが壊れています、起動ディスクで起動しシステム回復オプションで直る場合があります。
4.Windowsロゴから進まない→Windowsセーフモード(F8)で起動するか確認する。 3、4はWindowsの問題の為再インストールやセーフで回復する可能性があります。